Profile

大峠 和基 - おおたお かずき

1996年広島生まれ.筑波大学大学院図書館情報メディア研究科.ピクシーダストテクノロジーズ株式会社エンジニア.ソフトウェア開発が得意で,U.22プログラミング・コンテスト(経済産業省商務情報政策局長賞 / 企業賞),全国高専プログラミングコンテスト(敢闘賞2回)に出場.2017年より落合陽一率いるデジタルネイチャー研究室に所属し,空中映像およびバーチャルリアリティを専門に研究を行う(書籍1本,学会発表11件).筑波大学ミスコン2018でミスターキャンパス賞を受賞.2019年度「未踏事業」採択.筑波大学(学士,茗渓会賞),徳山高専(準学士,文化功労賞)を卒業.

>>> Resume [PDF 51KB] (English)

大峠 和基 - Kazuki Otao

Kazuki Otao was born in 1996. After studying computer science and electronic engineering at National Institute of Technology, Tokuyama College since 2012, he is incorporated into the College of Media Arts, Science and Technology at the University of Tsukuba in 2017. He got a prize in many contests including U-22 programming contest and national college of technology programming contest. He is an expert researcher of the aerial imaging system in Digital Nature Group.

>>> Resume [PDF 51KB]

Project

Project (Selected)

>>> 全てのプロジェクト一覧

>>> All Project

Carrer

学歴

  • 2012/04 - 2017/03  徳山工業高等専門学校 情報電子工学科 (古賀崇了研究室)
  • 2017/04 - 2019/03  筑波大学 情報学群 情報メディア創成学類 (落合陽一研究室)
  • 2019/04 - present.  筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 図書館情報メディア専攻 (落合陽一研究室)

職歴

  • 2015/08 - 2015/09  チームラボ株式会社 インタラクティブチーム (就業インターン)
  • 2016/12 - 2017/08  ユニロボット株式会社 Unityエンジニア (就業インターン)
  • 2017/09 - present.  ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 エンジニア (就業インターン)

Academic Background

  • 2012/04 - 2017/03  Department of Computer Science and Electronic Engineering, National Institute of Technology, Tokuyama College. (Takanori Koga, Soft Computing Lab.)
  • 2017/04 - 2019/03.  College of Media Arts, Science and Technology, School of Informatics, University of Tsukuba (Yoichi Ochiai, Digital Nature Group.)
  • 2017/04 - present.  Graduate School of Library, Information and Media Studies, University of Tsukuba (Yoichi Ochiai, Digital Nature Group.)

Work Experience

  • 2015/08 - 2015/09  teamLab Inc. Interactive Team (Intern)
  • 2016/12 - 2017/08  Unirobot Corporation. Unity Enginner (Intern)
  • 2017/09 - present.  Pixie Dust Technologies, Inc. Research Enginner (Intern)

Publication

書籍

Book

  1. 山本裕紹 監修. 空中ディスプレイの開発と応用展開 (Recent Developments and Prospective Applications of Aerial Display). シーエムシー出版, 2018, 267p. (第Ⅲ編,第9章を分担執筆)

国際会議 - オーラル発表

International Conference - Oral Presentation

  1. [Invited] Takanori Koga and Kazuki Otao. 2018. An Interactive Fog Display to Express Adaptive Shape-Changing Flow. In the 25th International Display Workshops (IDW '18).
  2. Kazuki Otao, Yuta Itoh, Kazuki Takazawa, Hiroyuki Osone, and Yoichi Ochiai. 2018. Air Mounted Eyepiece: Optical See-Through HMD Design with Aerial Optical Functions. In Proceedings of the 9th Augmented Human International Conference (AH ’18). ACM, New York, NY, USA, Article 1, 7 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3174910.3174911
  3. Kazuki Otao, Yuta Itoh, Hiroyuki Osone, Kazuki Takazawa, Shunnosuke Kataoka, and Yoichi Ochiai. 2017. Light field blender: designing optics and rendering methods for see-through and aerial near-eye display. In SIGGRAPH Asia 2017 Technical Briefs (SA '17). ACM, New York, NY, USA, Article 9, 4 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3145749.3149425

国際会議 - ポスター発表

International Conference - Posters

  1. Yoichi Ochiai, Kazuki Otao, Yuta Itoh, Shouki Imai, Kazuki Takazawa, Hiroyuki Osone, Atsushi Mori, and Ippei Suzuki. 2018. Make your own Retinal Projector: Retinal Near-Eye Displays via Metamaterials. In SIGGRAPH ’18 Posters (SIGGRAPH ’18). ACM, New York, NY, USA, 2 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3230744.3230810
  2. Shinnosuke Ando, Kazuki Otao, Kazuki Takazawa, Yusuke Tanemura, and Yoichi Ochiai. 2017. Aerial image on retroreflective particles. In SIGGRAPH Asia 2017 Posters (SA '17). ACM, New York, NY, USA, Article 7, 2 pages. DOI: https://doi.org/10.1145/3145690.3145730

>>> 全ての出版一覧

>>> All Publication

Achievement

顕著な業績

Notable Achievements

  1. 未踏事業 採択. 2019
  2. 筑波大学 茗渓会賞. 2019
  3. TSUKUBA COLLECTION 2018 ミスターキャンパス賞 / 企業賞 (ビフォパ). 2018
  4. 徳山工業高等専門学校 文化功労賞. 2017

プログラミングコンテスト

Programming Contest

  1. 片岡駿之介, 大峠和基, 野坂峻大, 伊藤 駿介. 2016

    Mealie -ミライ-

    U-22プログラミング・コンテスト2016, 経済産業省商務情報政策局長賞 / 企業賞 (OBC)

  2. 大峠和基, 石丸佑香. 2016

    Blackboard

    中国地区高専コンピュータフェスティバル2016, メディア部門, 最優秀賞

  3. 徳山高専ニューメディア部. 2015

    Pianist―鍵盤楽器運指練習システム―

    全国高等専門学校プログラミングコンテスト, 第26回長野大会, 自由部門, 敢闘賞

  4. 大峠和基, 石丸佑香. 2015

    SpaceWars

    中国地区高専コンピュータフェスティバル2015, ソフトウェア部門, 最優秀賞

  5. 大峠和基, 片岡駿之介, 安念駿利. 2014

    Smart枕

    第12回全国高等学校パソコンコンクール, パソコン甲子園2014, モバイル部門, 本選出場

  6. 徳山高専ニューメディア部. 2013

    RAZIOくん―ラジオ体操支援システム―

    全国高等専門学校プログラミングコンテスト, 第24回旭川大会, 課題部門, 敢闘賞

その他

Othres

  1. レバレジーズ主催, 湯けむりハッカソン HACKERS BATTLE, 優勝. 2017
  2. サイバーエージェント主催, KyotoHack, 特別賞. 2016
  3. チームラボ主催, チームラボオンラインハッカソン, 優秀賞. 2015
  4. 中国地区高専コンピュータフェスティバル2014, メディア部門, 最優秀賞. 2014
  5. 中国地区高専コンピュータフェスティバル2013, ソフトウェア部門, 入賞. 2013
  6. 中国高専英語暗唱・弁論大会, 暗唱の部, 最優秀章. 2012

資格など

  1. TOEIC 815点. 2016
  2. 応用情報技術者. 2013秋
  3. プログラミングスキル1級 (SuperCon実施委員会). 2013
  4. 基本情報技術者. 2013春

Exhibition

  1. Shinnosuke Ando, Kazuki Otao, Kazuki Takazawa, Yoichi Ochiai. 2018.

    Glass beads display

    Media Ambition Tokyo, Roppongi Hills, Tokyo. 2018.2.9-25

  2. 森篤史, 大峠和基. 2017.

    ピタゴラメーカー

    「俺のピタゴラ」展, 茨城. 2017.12.16-17

  3. Digital Nature Group at the University of Tsukuba, Pixie Dust Technologies Inc. 2017.

    Recomposition of Human Presence: Waves, Material, and Intelligence

    Ars Electronica Festival, Linz, Austria, 2017.09.07-11

  4. 徳山高専祭メイン部署. 2015.

    Re:ink

    徳山高専 高専祭, 山口, 2015.10.31-11.1

  5. 徳山高専祭メイン部署. 2014.

    大蛇の乱

    徳山高専 高専祭, 山口, 2014.11.1-11.2

Media

Radio

  1. クラスタ, https://twitter.com/cl842, FM84.2MHz ラヂオつくば, 2018.11.07 20:00-21:00
  2. クラスタ, https://twitter.com/cl842, FM84.2MHz ラヂオつくば, 2018.10.03 20:00-21:00
  3. FUTURES 落合陽一 RADIO PIXIE DUST, http://park.gsj.mobi/voice/show/6129, JFN「FUTURES」, 2018.4.23 5:30~6:00

Web Radio

  1. #41 プロコンと高専祭実行委員の内積はほぼ0, https://www.kure-rad.io/app/radios/41, ちょっときいて呉高専, 2018.10.08
  2. 筑波大のミスター候補!?, https://youtu.be/Y33JWxePPTo, 勝手に高専ラジオ, 2018.9.27
  3. ふたりがたり#7 vs 大峠 和基, https://youtu.be/FX6AbaPJsWc, ふたりがたり, 2018.2.27

Web (Personal)

  1. 落合陽一の筑波大「デジタルネイチャー研究室」に潜入!人もお金も集まるイノベーションの源泉とは?, https://finders.me/articles.php?id=804, FINDERS, 2019.03.22
  2. 【特集】ミスター筑波2018 大峠和基さんインタビュー, https://magazine.mast.tsukuba.ac.jp/archives/3828, MAST Web, 2019.01.29

Web (Project)

  1. 筑波大学とピクシーダストテクノロジーズ株式会社、どの位置から見ても鮮明な空中画像を提供できるガラスビーズを用いた空中映像投影手法を発表, https://shiropen.com/seamless/glass-beads-display, Seamless, 2019.07.25
  2. 注目の網膜投影技術 落合陽一氏らが開発した実機を体験, https://www.moguravr.com/dng-retinal-projector/, Mogura VR, 2018.08.25
  3. 【SIGGRAPH2018】先端技術コーナーを一挙レポ 日本からも多数出展, https://www.moguravr.com/siggraph-2018-e-tech-report-ar-vr/, Mogura VR, 2018.08.23
  4. 筑波大学ら、網膜に画像を直接投影することで、現実空間と仮想オブジェクトの調和を実現する透過型ミラーデバイスを用いたレーザ投影システムを発表, https://shiropen.com/seamless/make-your-own-retinal-projector, Seamless, 2018.06.20
  5. SIGGRAPH 2018 Emerging Technologiesでのシースルー型HMD試作機のデモンストレーション展示に関するお知らせ, http://pixiedusttech.com/010/, Pixie Dust Tecnologies, Inc., 2018.06.20
  6. 徳山高専ら、浮遊する映像を表現できる霧を用いたフォグディスプレイに触れることができるインタラクション技術を論文にて発表, http://shiropen.com/2017/12/29/30755, Seamless, 2017.12.29
  7. 落合陽一氏ら、AR向け技術を続々発表 キーワードは広視野・透過型, http://www.moguravr.com/pixiedusttech-ar/, Mogura VR, 2017.11.24
  8. ピクシーダストテクノロジーズとデジタルネイチャーグループ、透過型ミラーデバイスを用いたAR向け広視野シースルーHMD実現方式を論文にて発表。ボケの再現などを可能に, http://shiropen.com/2017/11/22/29800, Seamless, 2017.11.22
  9. AR向け広視野シースルーHMDを実現する新方式Light Field Blenderを開発, http://pixiedusttech.com/004/, Pixie Dust Technologies, Inc., 2017.11.22
  10. 落合陽一氏ら、広視野角・網膜投影のメガネ型HMD発表, http://www.moguravr.com/glasses-hmd/, Mogura VR, 2017.11.16
  11. 筑波大デジタルネイチャーグループら、新しい空中映像表示技術「Air Mounted Eyepiece」発表, http://panora.tokyo/43491/, PANORA VR, 2017.10.30
  12. 筑波大学(Digital Nature Group)、広視野角の光学シースルーHMDを実現するための新手法「AME」を論文にて発表。VRクオリティを空中で再現, http://shiropen.com/2017/10/27/29009, Seamless, 2017.10.27

Technical Skills

Expert

  • C#
  • Unity

Advanced

  • Java
  • Python
  • Git
  • AviUtl
  • AfterEffects

Intermediate

  • C / C++
  • Java (Android)
  • Bootstrap
  • Blender
  • Photoshop

Basic

  • Ruby
  • Swift (iOS)
  • Go
  • Visual Basic
  • HTML / CSS
  • Vue.js
  • Illustrator
  • Premiere Pro